コンテンツ

相続

相続

 

人が亡くなると、相続が発生します。
どんな方にも財産などが必ずあると思います。プラスの財産ばかりとは限りませんが・・・。

亡くなった人を被相続人、財産などをもらう人を相続人といいます。
遺言があればその通りに分けることができますが、遺言があっても、相続人全員が合意すればどのように分けてもいいのです。これは、故人の遺志は残った家族の幸せを一番に願っていると考えられるからです。

相続が開始されたことを知った時には、単純承認、限定承認、放棄のどれかを選択しなければなりません(何もしなければ単純承認をしたことになります)。私たちは遺産分割協議書の作成をお手伝いしますが、必要に応じて司法書士さん、弁護士さん とも連携して、相続がスムーズに進むようご相談に乗ります。